ケアマネの仕事内容を振り返る

ケアマネを辞めたいと思ったら見よう!

ケアマネを辞めるか悩んでいるあなたへケアマネはストレスが多く大変な仕事ですが、それを理由にケアマネを辞めてしまって本当にいいのでしょうか?悩めるケアマネ達に向けて役に立つ情報をご紹介しています。当サイトへのご感想等ありましたら、こちらまでお願いいたします。

ケアマネを辞めるか悩んでいるあなたへ

まずは仕事内容を振り返ろう

ストレスの多いケアマネという仕事ですが、退職してしまう前にまずはこの仕事について振り返ってみましょう。そうする事で改めてケアマネの持つ社会的に重要な役割や魅力を再発見できるかもしれません。ケアマネは介護が必要な高齢者にとって必要不可欠な存在です。仕事内容を詳しく見る事で、現在自分が働いている事業所や施設が合わないだけだと気付く事もあるかもしれません。そしてなによりも、やりがいの大きな仕事だと言う事を忘れないようにしましょう。

高齢者と介護保険の架け橋

高齢者と介護保険の架け橋日本では平成9年に介護保険サービスが始まりましたが、この介護保険サービスと高齢者を繋ぐ存在になるのがケアマネです。介護が必要になった高齢者やそのご家族に対して介護相談を行い、その相談内容に沿った介護サービスを提供するために要介護認定の書類作成代行を行います。また、実際に介護サービスを提供する際に必須となるケアプランの作成を行います。個人では難しいこれらの作業を介護の専門家としてサポートし、スムーズに利用者へ介護サービスを届けるこの仕事は、高齢化が進むこの国では必要不可欠な存在です。

詳しくはこちら

居宅と施設では異なる業務

居宅と施設では異なる業務ケアマネには大きく分けて2つの種類があります。その2つが「居宅ケアマネ」と「施設ケアマネ」です。居宅ケアマネは在宅介護を必要とする利用者に対するサポートを行うケアマネの事です。それに対し、在宅ケアマネは老人ホームなどの施設に勤務するケアマネです。それぞれに特徴があり業務が異なってきます。もしかすると現状にストレスがある場合、この違いを知ってもう一方の働き方へ転職すれば解決するかもしれません。ぜひ参考にしてください。

詳しくはこちら

やりがいを思い出してみよう

やりがいを思い出してみようケアマネという仕事は確かにストレスの多い仕事かもしれません。しかし、この仕事にはそれを上回る程のやりがいが存在します。働き続けているとどうしてもネガティブな面だけに注目しがちになってしまいますが、ここでもう一度ケアマネという仕事のやりがいや魅力を思い出してみましょう。ケアマネになった当初は毎日大きなやりがいを感じていたはずです。それを思い出す事ができれば、また明日からの活力になるでしょう。ケアマネは、今の社会にとって必要不可欠な仕事なのです。

詳しくはこちら
まずは仕事内容を振り返ろう

今読まれている記事

仕事内容に対して給料が安い
仕事内容に対して給料が安い

ケアマネは介護と高齢者を繋ぐ重要な役割を持った責任ある仕事ですが、その内容に対して給料が安いという不満を感じながら働いている人が多くいます。なぜケアマネの給料は安いのでしょうか。そこには介護職の給料に関する仕組みや資格取得者の増加、介護業界の構造的な問題といった様々な要因が考えられます。