ケアマネの転職でチェックしておきたいポイント

ケアマネを辞めたいと思ったら見よう!

ケアマネを辞めるか悩んでいるあなたへケアマネはストレスが多く大変な仕事ですが、それを理由にケアマネを辞めてしまって本当にいいのでしょうか?悩めるケアマネ達に向けて役に立つ情報をご紹介しています。当サイトへのご感想等ありましたら、こちらまでお願いいたします。

ケアマネを辞めるか悩んでいるあなたへ
職場選びでチェックするポイント

2016/10/17

職場選びでチェックするポイント

情報公表システムをチェック

まず初めに、厚生労働省が取りまとめている介護事業所の情報公開システムを利用してみましょう。正式には「介護サービス情報公表システム」と呼びます。この中には事業所の実績や各事業所におけるケアマネの担当事例といった情報があります。虚偽の報告が無い正確な情報ですので、積極的に活用してみましょう。ネット上で公開されているのですぐに閲覧する事ができます。

年収をチェック

転職に求める条件はそれぞれで異なるかと思いますが、その中でも特に重視している人が多いのは「給料面」でしょう。他に重視する項目があったとしても、給料面を完全に無視して転職をする事はできません。求人情報にある給料を比較検討する際に注意しておきたいのが、「月収ではなく年収単位でチェックする」という点です。月収だけで比較しているとあまり大差のないように見えてしまうので、賞与や資格手当なども込みで考えましょう。
実際に探す際はエージェントの担当者に「月〇〇万、年収〇〇万」と具体的な数字をあげて依頼すれば効率的に進める事ができます。

職場の環境

給料が良くても職場の環境が劣悪であれば働き続ける事はできませんし、今以上に大きなストレスを抱え込む結果になってしまいます。給料が良い職場でもその分残業が過度に多ければ負担が大きくなってしまいます。そのような職場の場合は職員も常にストレスを抱えている状態の為、人間関係も悪くなっている場合が多く、それを理由に早期転職してしまっては今後のキャリアに悪影響です。ですので、給料面などの条件を見て興味を持った後は実際に職場見学をして、現場の雰囲気がどのようなものなのかという確認も怠らないようにしましょう。長く続ける為には職場の雰囲気はとても重要です。
また、事業所内にケアマネが自分一人しかいないという状況になってしまわないようにしましょう。小規模な事業所の場合、現在勤めるケアマネが辞める予定の為に早急にケアマネの求人を出しているというケースもあります。しかし、まだケアマネの経験が浅い時にそのような所に勤めてしまえば、何か仕事で相談したい事があっても相手がいませんし、助け合う事もできず業務が多忙になってしまう可能性があります。ですので、できるだけ複数のケアマネが在籍している事業所へ転職をするようにしましょう。
ひとつ注意点としては、在籍するケアマネの数が多すぎてもダメだという事です。ケアマネの数が多すぎると、ケアマネの仕事は間に合っているので本来の仕事ではない営業活動等をさせられる場合もあります。その為、目安としては3~4人ほどのケアマネが在籍する事業所が良いでしょう。

今読まれている記事

仕事内容に対して給料が安い
仕事内容に対して給料が安い

ケアマネは介護と高齢者を繋ぐ重要な役割を持った責任ある仕事ですが、その内容に対して給料が安いという不満を感じながら働いている人が多くいます。なぜケアマネの給料は安いのでしょうか。そこには介護職の給料に関する仕組みや資格取得者の増加、介護業界の構造的な問題といった様々な要因が考えられます。